「未確認動物UMAを科学する」ダニエル・ロクストンほか著、松浦俊輔訳

公開日:  更新日:

 ヒマラヤのイエティなど、いると言われても存在が証明されていない動物を愛好し、探し、研究する「未確認動物学」を検証した科学読み物。

 2008年、米国ジョージア州北部の森でビッグフットの死体を発見したという2人の人物の記事がメディアを騒がす。ビッグフットの存在を信じる団体や人物は、こぞって2人の示した証拠を支持するが、やがて全くの捏造だったことが明らかになる。

 著者は「未確認動物学は、一人称の証言をうのみにすることに基づいている」と指摘。ネッシーなど、さまざまな未確認動物の実在を擁護する側と否定側の双方の証言や文献を徹底的に検証。そうした未確認動物の存在を信じたくなる人間の心理まで論じる真偽論争に決着をつける。(化学同人 3800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る