「未確認動物UMAを科学する」ダニエル・ロクストンほか著、松浦俊輔訳

公開日:  更新日:

 ヒマラヤのイエティなど、いると言われても存在が証明されていない動物を愛好し、探し、研究する「未確認動物学」を検証した科学読み物。

 2008年、米国ジョージア州北部の森でビッグフットの死体を発見したという2人の人物の記事がメディアを騒がす。ビッグフットの存在を信じる団体や人物は、こぞって2人の示した証拠を支持するが、やがて全くの捏造だったことが明らかになる。

 著者は「未確認動物学は、一人称の証言をうのみにすることに基づいている」と指摘。ネッシーなど、さまざまな未確認動物の実在を擁護する側と否定側の双方の証言や文献を徹底的に検証。そうした未確認動物の存在を信じたくなる人間の心理まで論じる真偽論争に決着をつける。(化学同人 3800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  6. 6

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る