• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「未確認動物UMAを科学する」ダニエル・ロクストンほか著、松浦俊輔訳

投稿日:  更新日:

 ヒマラヤのイエティなど、いると言われても存在が証明されていない動物を愛好し、探し、研究する「未確認動物学」を検証した科学読み物。

 2008年、米国ジョージア州北部の森でビッグフットの死体を発見したという2人の人物の記事がメディアを騒がす。ビッグフットの存在を信じる団体や人物は、こぞって2人の示した証拠を支持するが、やがて全くの捏造だったことが明らかになる。

 著者は「未確認動物学は、一人称の証言をうのみにすることに基づいている」と指摘。ネッシーなど、さまざまな未確認動物の実在を擁護する側と否定側の双方の証言や文献を徹底的に検証。そうした未確認動物の存在を信じたくなる人間の心理まで論じる真偽論争に決着をつける。(化学同人 3800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  7. 7

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  8. 8

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る