「罪の終わり」東山彰良著

公開日: 更新日:

 2173年6月16日の小惑星衝突で文明は終焉を迎え、生き残った人類では、緊急避難として始まった食人が恒常化。自分の罪に苦しむ人々を救ったのが黒騎士と呼ばれたナサニエルだった。

 彼は飢えた人々に肉を施し、彼を狙う殺し屋たちを次々に抹殺、手をかざしただけで病気を癒やしたなど数々の伝説に包まれている。彼に殺し屋を送り込んだ白聖書派のスカウトマン・ネイサンは、母親殺しの罪で服役中だったナサニエルが死後20年経った今も、人々に救世主として崇められているのはなぜか。それを探るために彼の生い立ちを調べ始める。

 直木賞受賞後初の書き下ろし長編。受賞作とはがらりと作風が変わり、近未来を舞台に圧倒的世界観で紡がれる問題作。(新潮社 1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  2. 2

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  3. 3

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  4. 4

    嘘ばっかついて…だから、安倍政権じゃダメなんじゃん?

  5. 5

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  6. 6

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  7. 7

    渋野日向子「異質の人間力」が女子ツアーをガラリと変えた

  8. 8

    魔性の女返上?高岡早紀が難病患う52歳実業家と献身介護泊

  9. 9

    安倍首相 桜を見る会疑惑「逃げ切り」の援軍はテレビ局

  10. 10

    防衛費過去最高4.2億円 年金支給減で補正の大盤振る舞い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る