「罪の終わり」東山彰良著

公開日: 更新日:

 2173年6月16日の小惑星衝突で文明は終焉を迎え、生き残った人類では、緊急避難として始まった食人が恒常化。自分の罪に苦しむ人々を救ったのが黒騎士と呼ばれたナサニエルだった。

 彼は飢えた人々に肉を施し、彼を狙う殺し屋たちを次々に抹殺、手をかざしただけで病気を癒やしたなど数々の伝説に包まれている。彼に殺し屋を送り込んだ白聖書派のスカウトマン・ネイサンは、母親殺しの罪で服役中だったナサニエルが死後20年経った今も、人々に救世主として崇められているのはなぜか。それを探るために彼の生い立ちを調べ始める。

 直木賞受賞後初の書き下ろし長編。受賞作とはがらりと作風が変わり、近未来を舞台に圧倒的世界観で紡がれる問題作。(新潮社 1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  3. 3

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  4. 4

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  5. 5

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  6. 6

    三田寛子を苛む成駒屋「好色の血」…今度は長男に二股疑惑

  7. 7

    菅首相「大きなうねりではない」頭の中はコロナより外遊

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    日本人6割が感染 カリフォルニア由来の変異株どこまで危険

  10. 10

    中村吉右衛門 一時心肺停止も千両役者に引退の二文字なし

もっと見る

人気キーワード