「背骨から自律神経を整える」石垣英俊著

公開日:  更新日:

 背骨には脳と通じる中枢神経の脊髄が通っていて、自律神経にも深く関係している。とくに、背骨の胸椎を含む胸郭は、心臓や肺、肝臓などの大事な臓器を守っている。この部分が歪むと、肩こりや腰痛はもちろん、動悸やめまい、血圧異常など、さまざまな不調をもたらすことになる。

 しかし、自宅でできる簡単なエクササイズで、この歪みを解消することも可能だ。まず、壁を背にして20~30センチ離れて立ち、両脚を腰幅に開いて両手のひらを胸の前に広げる。次に、上体を右側にねじり両手のひらで壁にタッチしたら、顔だけ正面に戻す。上体を壁の方に倒し、自然な呼吸を3~5回したら、反対側も同じように行おう。

 これだけで背骨が整い、胸郭が開いて内臓の働きも活発になるはずだ。(清流出版 1200円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る