「背骨から自律神経を整える」石垣英俊著

公開日: 更新日:

 背骨には脳と通じる中枢神経の脊髄が通っていて、自律神経にも深く関係している。とくに、背骨の胸椎を含む胸郭は、心臓や肺、肝臓などの大事な臓器を守っている。この部分が歪むと、肩こりや腰痛はもちろん、動悸やめまい、血圧異常など、さまざまな不調をもたらすことになる。

 しかし、自宅でできる簡単なエクササイズで、この歪みを解消することも可能だ。まず、壁を背にして20~30センチ離れて立ち、両脚を腰幅に開いて両手のひらを胸の前に広げる。次に、上体を右側にねじり両手のひらで壁にタッチしたら、顔だけ正面に戻す。上体を壁の方に倒し、自然な呼吸を3~5回したら、反対側も同じように行おう。

 これだけで背骨が整い、胸郭が開いて内臓の働きも活発になるはずだ。(清流出版 1200円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  3. 3

    東出昌大“針のムシロ”長期化 良きパパのイメージが致命傷

  4. 4

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  5. 5

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  6. 6

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  7. 7

    兜町は戦々恐々 新型肺炎拡大で日経平均2万円割れに現実味

  8. 8

    日曜朝にTBS「サンモニ」が醸す安心感 人気継続2つの理由

  9. 9

    杉田水脈議員「夫婦別姓ヤジ」で安倍首相お膝元に雲隠れ

  10. 10

    背筋が凍る動機と金満 河井案里1億5000万円は政権の致命傷

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る