「心に緑の種をまく-絵本のたのしみ」渡辺茂男著

公開日:  更新日:

 児童文学者が3人の息子の子育て体験を交えながら、名作絵本45冊の魅力を紹介するブックガイド・エッセー。

 3歳間近だった末っ子が、ある日、「家出」を決行、大騒ぎになったことがあったという。それは、お風呂が嫌で逃げ出す犬を主人公にした「どろんこハリー」の物語そのものだった。三輪車で出かけた三男は1・5キロ離れたスーパーで見つかった。その出来事から生まれたのが著者の「ぼく、パトカーにのったんだ」という物語だという。「親と子がよりそって体温を感じあい、絵をたのしみ、物語をたのしみ、語り合いながら過ごしたひとときは、親として二度と持つことのできない至福の時間」と著者は言う。

 イクメンの必読書だ。(岩波書店 1220円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  2. 2

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  3. 3

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  4. 4

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    陰惨な事態…高校生の「言論の自由」が脅かされている衝撃

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る