• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「心に緑の種をまく-絵本のたのしみ」渡辺茂男著

 児童文学者が3人の息子の子育て体験を交えながら、名作絵本45冊の魅力を紹介するブックガイド・エッセー。

 3歳間近だった末っ子が、ある日、「家出」を決行、大騒ぎになったことがあったという。それは、お風呂が嫌で逃げ出す犬を主人公にした「どろんこハリー」の物語そのものだった。三輪車で出かけた三男は1・5キロ離れたスーパーで見つかった。その出来事から生まれたのが著者の「ぼく、パトカーにのったんだ」という物語だという。「親と子がよりそって体温を感じあい、絵をたのしみ、物語をたのしみ、語り合いながら過ごしたひとときは、親として二度と持つことのできない至福の時間」と著者は言う。

 イクメンの必読書だ。(岩波書店 1220円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  4. 4

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  8. 8

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  9. 9

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る