「心に緑の種をまく-絵本のたのしみ」渡辺茂男著

公開日: 更新日:

 児童文学者が3人の息子の子育て体験を交えながら、名作絵本45冊の魅力を紹介するブックガイド・エッセー。

 3歳間近だった末っ子が、ある日、「家出」を決行、大騒ぎになったことがあったという。それは、お風呂が嫌で逃げ出す犬を主人公にした「どろんこハリー」の物語そのものだった。三輪車で出かけた三男は1・5キロ離れたスーパーで見つかった。その出来事から生まれたのが著者の「ぼく、パトカーにのったんだ」という物語だという。「親と子がよりそって体温を感じあい、絵をたのしみ、物語をたのしみ、語り合いながら過ごしたひとときは、親として二度と持つことのできない至福の時間」と著者は言う。

 イクメンの必読書だ。(岩波書店 1220円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  3. 3

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  4. 4

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  5. 5

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  6. 6

    三田寛子を苛む成駒屋「好色の血」…今度は長男に二股疑惑

  7. 7

    菅首相「大きなうねりではない」頭の中はコロナより外遊

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    日本人6割が感染 カリフォルニア由来の変異株どこまで危険

  10. 10

    中村吉右衛門 一時心肺停止も千両役者に引退の二文字なし

もっと見る

人気キーワード