「江戸へおかえりなさいませ」杉浦日向子著

公開日: 更新日:

 05年に46歳で早世した江戸風俗研究家の遺稿を編んだエッセー集。

 ある午後、好物のそばをたぐりながら「浮世絵はそばなんだ」と悟ったと、そばに通じる浮世絵の楽しみ方をつづる。

 またある一文では、現代人は「熊さん八つぁん」が暮らす江戸の「九尺二間の裏長屋」に清貧のイメージを抱いているが、「彼らは長屋にしか住めないんではなく、自らの選択で住んだのであって、その行動は随分トンガリ、ツッパっていたのである」と解説。長屋は住環境は劣悪だが、最新の情報と刺激は浴び放題のアーバンライフなのだと。

 長屋の処世術に学ぶプライバシーの確保法など、江戸の粋を伝える切れのいい文章が心地よい。(河出書房新社 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  7. 7

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  8. 8

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

もっと見る

人気キーワード