「江戸へおかえりなさいませ」杉浦日向子著

公開日: 更新日:

 05年に46歳で早世した江戸風俗研究家の遺稿を編んだエッセー集。

 ある午後、好物のそばをたぐりながら「浮世絵はそばなんだ」と悟ったと、そばに通じる浮世絵の楽しみ方をつづる。

 またある一文では、現代人は「熊さん八つぁん」が暮らす江戸の「九尺二間の裏長屋」に清貧のイメージを抱いているが、「彼らは長屋にしか住めないんではなく、自らの選択で住んだのであって、その行動は随分トンガリ、ツッパっていたのである」と解説。長屋は住環境は劣悪だが、最新の情報と刺激は浴び放題のアーバンライフなのだと。

 長屋の処世術に学ぶプライバシーの確保法など、江戸の粋を伝える切れのいい文章が心地よい。(河出書房新社 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  6. 6

    ロケット団・三浦昌朗が明かす「死ぬしかない」と涙した夜

  7. 7

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  8. 8

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

もっと見る