• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「おれたちの約束」佐川光晴著

 父親の服役で生活が一変、札幌の児童養護施設から中学に通った陽介は、仙台の高校に進学する。入試を2位の成績で合格した陽介は、寮で暮らしながら、東大現役合格を目指し、勉強漬けの日々を送っていた。

 父親のことを知られたくない陽介は、友達になった同じクラスの中本や菅野との会話にも気を使う。そんなある日、生徒会の役員選挙が行われ、中本が立候補する。しかし、その最中、誰かが囁いた中本の親に関するスキャンダラスな噂が会場全体に広がる。公正な選挙を行うため、推薦を受けて候補のひとりに加わった陽介は皆の前で自分の父親のことを話し始める。

 陽介とその仲間の成長を描く青春大河小説「おれのおばさん」シリーズ第3弾。(集英社 500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る