「おれたちの約束」佐川光晴著

公開日:  更新日:

 父親の服役で生活が一変、札幌の児童養護施設から中学に通った陽介は、仙台の高校に進学する。入試を2位の成績で合格した陽介は、寮で暮らしながら、東大現役合格を目指し、勉強漬けの日々を送っていた。

 父親のことを知られたくない陽介は、友達になった同じクラスの中本や菅野との会話にも気を使う。そんなある日、生徒会の役員選挙が行われ、中本が立候補する。しかし、その最中、誰かが囁いた中本の親に関するスキャンダラスな噂が会場全体に広がる。公正な選挙を行うため、推薦を受けて候補のひとりに加わった陽介は皆の前で自分の父親のことを話し始める。

 陽介とその仲間の成長を描く青春大河小説「おれのおばさん」シリーズ第3弾。(集英社 500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  7. 7

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

もっと見る