「戦後政治を終わらせる永続敗戦の、その先へ」白井聡著

公開日: 更新日:

 安倍首相の政策理念である「戦後レジームからの脱却」。確かに戦後レジームはズタボロであり、スローガンとしては正しい。しかし、首相とその一派は結局のところ戦後レジームとは何であるのかという、その本質を理解しておらず、結果、「戦後レジームの死守」としか呼べない政策が強行されていると著者は指摘する。

 戦後レジームの根幹は、敗戦と東西冷戦によってもたらされた「対米従属」と著者は定義。米国に依存している国は他にも多くあるが、問題は日本の対米従属の特殊性にあるという。占領下から戦後レジームの多くの期間を占めた55年体制、そして現在まで日本政治の70年を総括。

 ポスト55年体制への道筋を示した政治テキスト。(NHK出版 820円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  2. 2

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る