「戦後政治を終わらせる永続敗戦の、その先へ」白井聡著

公開日:  更新日:

 安倍首相の政策理念である「戦後レジームからの脱却」。確かに戦後レジームはズタボロであり、スローガンとしては正しい。しかし、首相とその一派は結局のところ戦後レジームとは何であるのかという、その本質を理解しておらず、結果、「戦後レジームの死守」としか呼べない政策が強行されていると著者は指摘する。

 戦後レジームの根幹は、敗戦と東西冷戦によってもたらされた「対米従属」と著者は定義。米国に依存している国は他にも多くあるが、問題は日本の対米従属の特殊性にあるという。占領下から戦後レジームの多くの期間を占めた55年体制、そして現在まで日本政治の70年を総括。

 ポスト55年体制への道筋を示した政治テキスト。(NHK出版 820円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  6. 6

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  7. 7

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  8. 8

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  9. 9

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る