「身近にある毒植物たち」森昭彦著

公開日:  更新日:

 毒草など、私たちの周囲に何げなく存在する危険な植物を、実際の症例とともに解説するビジュアルテキスト。

 日本で最も危険な植物は意外にも野菜だという。その最たるものがソラニンというステロイド系アルカロイド類を生産するジャガイモで、過去50年で食中毒患者が一番多い植物なのだとか。いんげん豆やズッキーニなども、加熱の具合や成熟度などによって危険が伴うそうだ。

 想像以上に毒性が強烈で、おまけに約30種22亜種もあり、見た目で正確な判断ができないトリカブトをはじめ、住宅地などでも普通に育てられているチョウセンアサガオや、液汁が肌に付着すると腫れや水ぶくれを起こすアネモネなど、約70種を網羅。(SBクリエイティブ 1000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  7. 7

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  8. 8

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る