「身近にある毒植物たち」森昭彦著

公開日: 更新日:

 毒草など、私たちの周囲に何げなく存在する危険な植物を、実際の症例とともに解説するビジュアルテキスト。

 日本で最も危険な植物は意外にも野菜だという。その最たるものがソラニンというステロイド系アルカロイド類を生産するジャガイモで、過去50年で食中毒患者が一番多い植物なのだとか。いんげん豆やズッキーニなども、加熱の具合や成熟度などによって危険が伴うそうだ。

 想像以上に毒性が強烈で、おまけに約30種22亜種もあり、見た目で正確な判断ができないトリカブトをはじめ、住宅地などでも普通に育てられているチョウセンアサガオや、液汁が肌に付着すると腫れや水ぶくれを起こすアネモネなど、約70種を網羅。(SBクリエイティブ 1000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    障害者職員へ責任転嫁…桜名簿破棄の安倍答弁に批判殺到

  2. 2

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  3. 3

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  4. 4

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  5. 5

    加計問題の“守護神”柳瀬氏 今度はJBICに悠々自適の天下り

  6. 6

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  7. 7

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  8. 8

    亡き娘の面影を…運転手と乗客の「25分の会話」に思わず涙

  9. 9

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  10. 10

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る