• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「地形で解ける!東京の街の秘密50」内田宗治著

 地形を3D化した凸凹地図を眺めながら東京を読み解く地理エッセー。

 秀吉から関東八州を与えられた家康は、なぜ飲み水にも困る江戸を根拠地に選び、荒廃した江戸城に入ったのか。実は大阪城の地図を時計回りに90度回転させると、江戸城付近と地形が似ているのだという。どちらも尾根筋が城に向かって真っすぐに伸びている。その尾根筋が城の守りの要となる上、江戸の場合は、尾根筋の高低を利用して上水やその分水の建設が可能になり飲み水の問題を解決してくれたのだ。

 他にも、立地のいい場所を神社が独占している理由や実は6つの峠を越えているという山手線など、身近な話題から、地形を利用した先人たちの知恵や工夫、技術を解説。(実業之日本社 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  4. 4

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  5. 5

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  6. 6

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  7. 7

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  8. 8

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  9. 9

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る