「千駄木の漱石」森まゆみ著

公開日:  更新日:

 文豪・夏目漱石は、明治36年春からの4年足らずを千駄木で暮らした。その間、英語教師として教壇に立ちながら、「吾輩は猫である」「坊っちゃん」など数々の名作を執筆した。当時の漱石の暮らしぶりを紹介しながら、千駄木の歴史をつづる地域史エッセー。

 英国留学から帰国し、東京帝国大学の英語講師の内定を受けた漱石は、勤務先に近い千駄木の借家に居を定める。その家は、10年前まで森鴎外が弟たちと暮らした家だった。漱石は千駄木の家を評し「偏鄙にて何の風情もこれなく」と友人への手紙に書き残している。

 書簡や作品などを読み解きながら、そうした当時の千駄木の様子や借家事情をはじめ、食いしん坊だった漱石の食生活など、文豪の素顔に迫る。(筑摩書房 800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る