「千駄木の漱石」森まゆみ著

公開日: 更新日:

 文豪・夏目漱石は、明治36年春からの4年足らずを千駄木で暮らした。その間、英語教師として教壇に立ちながら、「吾輩は猫である」「坊っちゃん」など数々の名作を執筆した。当時の漱石の暮らしぶりを紹介しながら、千駄木の歴史をつづる地域史エッセー。

 英国留学から帰国し、東京帝国大学の英語講師の内定を受けた漱石は、勤務先に近い千駄木の借家に居を定める。その家は、10年前まで森鴎外が弟たちと暮らした家だった。漱石は千駄木の家を評し「偏鄙にて何の風情もこれなく」と友人への手紙に書き残している。

 書簡や作品などを読み解きながら、そうした当時の千駄木の様子や借家事情をはじめ、食いしん坊だった漱石の食生活など、文豪の素顔に迫る。(筑摩書房 800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    障害者職員へ責任転嫁…桜名簿破棄の安倍答弁に批判殺到

  2. 2

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  3. 3

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  4. 4

    イチローにすげなく断られ「嵐」に国民栄誉賞を授与の動き

  5. 5

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  6. 6

    加計問題の“守護神”柳瀬氏 今度はJBICに悠々自適の天下り

  7. 7

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  8. 8

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  9. 9

    原監督が再び明言…来季こそ「岡本三塁」で辛抱できるか

  10. 10

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る