「世界地図の下書き」朝井リョウ著

公開日:  更新日:

 雨の夜、両親が乗った車にスリップしたトラックが衝突。孤児となった小3の太輔は、伯母夫婦の家を経て、児童養護施設「青葉おひさまの家」で暮らし始める。

 太輔の加わった1班は、中3の佐緒里がまとめ役で、太輔と同じ学年の淳也とその妹・麻利、そして2年生の美保子が同室だった。施設になじめない太輔を佐緒里はやさしく見守り、必要なときに手を差し伸べてくれる。それから3年。すっかり皆に溶け込んだ太輔は、ある日、美保子から佐緒里に恋人がいるようだと聞き、落ち着かない。そんな中、太輔は職員のみこちゃんから、伯母が太輔と再び暮らすことを希望していると聞き、胸がざわめく。

 第29回坪田譲治文学賞受賞作。(集英社 600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る