• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「世界地図の下書き」朝井リョウ著

 雨の夜、両親が乗った車にスリップしたトラックが衝突。孤児となった小3の太輔は、伯母夫婦の家を経て、児童養護施設「青葉おひさまの家」で暮らし始める。

 太輔の加わった1班は、中3の佐緒里がまとめ役で、太輔と同じ学年の淳也とその妹・麻利、そして2年生の美保子が同室だった。施設になじめない太輔を佐緒里はやさしく見守り、必要なときに手を差し伸べてくれる。それから3年。すっかり皆に溶け込んだ太輔は、ある日、美保子から佐緒里に恋人がいるようだと聞き、落ち着かない。そんな中、太輔は職員のみこちゃんから、伯母が太輔と再び暮らすことを希望していると聞き、胸がざわめく。

 第29回坪田譲治文学賞受賞作。(集英社 600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  2. 2

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  3. 3

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  4. 4

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  5. 5

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  6. 6

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  7. 7

    “三選”か“一寸先は闇”となるか…注目は小沢、小泉に船田元

  8. 8

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  9. 9

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  10. 10

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

もっと見る