• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「パルプ」チャールズ・ブコウスキー著、柴田元幸訳

 家賃滞納で立ち退きを迫られている私立探偵のニックの事務所を飛び切りの美女が訪ねてくる。「死の貴婦人(レディ・デス)」と名乗る女は、ハリウッドの本屋に出入りする人物が、本物のフランス人作家・セリーヌか確かめてほしいというのだ。しかし、ニックの記憶ではセリーヌは32年前に死んだはずだ。本屋でその人物に出会ったニックだが、本物のセリーヌかどうか分からない。

 そんななか、新たに「赤い雀」を探して欲しいという依頼が舞い込む。おまけに競馬で負け続けているニックはノミ屋のツケがたまり、取り立て屋からも追われるはめに。

 どこに物語が進んでいくのか見当もつかないカルト作家による怪作ハードボイルド。(筑摩書房 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  4. 4

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  5. 5

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  6. 6

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  7. 7

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  8. 8

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  9. 9

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る