「決断の作法」桜井章一著

公開日: 更新日:

 20年間無敗で「雀鬼」と呼ばれた勝負師が、人生のあらゆる場面で遭遇する「決断」について語った生き方指南書。

 物事を「決め」、それを「実行する」ということは、リスクや危険が伴うもの。逆に困難や危険が伴わないことは、別に決めても決めなくても、どうでもいいことだという。そして大事なことを「決める」ときには、まず自分自身を捨てることだと、かつて麻雀仲間として出会った殺し屋のエピソードを紹介。最良の決断をするには「しがみつかない生き方」が必要だというが、サラリーマンは自分で決めることができない。そこで、誰にもまねできない「職人的技術」を身につけるよう勧める。

 岐路に立ったときベストの選択を導き出す考え方を学ぶ。(SBクリエイティブ 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  7. 7

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

  8. 8

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  9. 9

    裕次郎さん命日に幕引き 石原軍団「金、酒、飯」豪快伝説

  10. 10

    ゆきぽよ“安倍批判”に賛同の声 若者の政治意識は変わるか

もっと見る