「決断の作法」桜井章一著

公開日: 更新日:

 20年間無敗で「雀鬼」と呼ばれた勝負師が、人生のあらゆる場面で遭遇する「決断」について語った生き方指南書。

 物事を「決め」、それを「実行する」ということは、リスクや危険が伴うもの。逆に困難や危険が伴わないことは、別に決めても決めなくても、どうでもいいことだという。そして大事なことを「決める」ときには、まず自分自身を捨てることだと、かつて麻雀仲間として出会った殺し屋のエピソードを紹介。最良の決断をするには「しがみつかない生き方」が必要だというが、サラリーマンは自分で決めることができない。そこで、誰にもまねできない「職人的技術」を身につけるよう勧める。

 岐路に立ったときベストの選択を導き出す考え方を学ぶ。(SBクリエイティブ 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  2. 2

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  3. 3

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  4. 4

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  5. 5

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  6. 6

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  7. 7

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  8. 8

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  9. 9

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  10. 10

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

もっと見る