「憲法と政治」青井未帆著

公開日: 更新日:

 2014年7月1日の集団的自衛権行使を容認する閣議決定、さらに翌年9月の安保関連法成立。違憲と指摘、批判されるこの安保外交政策の転換によって、「日本の立憲主義は大きく傷つき、憲法の『規範としての力』が削がれた」と著者は指摘する。

 そして今、政治が憲法に従うのは当たり前という前提が崩れ、かつてない「改憲機運」がさまざまなルートを通して醸成されつつある。「政治が憲法を乗り越えようとしている」ことに危機感を抱く著者が、政権による改憲へのアプローチ、そして自民党の改憲草案を綿密に検証。

「権力の統制」という課題と国民がどう向き合うべきかを考察した警世の書。(岩波書店 840円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  7. 7

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る