「晴れの日には 藍千堂菓子噺」田牧大和著

公開日:  更新日:

 ある日、神田相生町の菓子屋「藍千堂」に入ってきた男が、主の晴太郎や店を仕切る弟の幸次郎を前にいちゃもんをつけ始める。男は藍千堂の菓子職人・茂市の顔なじみの足袋職人・九助だった。事情を知らない九助は、顔見知りの茂市が若い2人に使われているのが面白くないようだ。

 九助は法事の引き菓子を晴太郎ではなく茂市に作ってほしいと依頼して店を出ていく。茂市によると九助は6年前に息子を亡くしてから人が変わってしまったという。同心の岡によると、九助は自分が息子を殺してしまったと責任を感じているらしい。(「羊羹比べ-人日」)

 菓子作りに命を懸ける兄と商才にたけた弟が季節の和菓子とともに織りなす江戸人情小説。(文藝春秋 1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る