• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「『戦国大名』失敗の研究【群雄割拠篇】」瀧澤中著

 領国「経営」では優れた手腕を発揮しながら、偉大な「指導者」となることができず天下を治めるに至らなかった戦国大名たち。彼らの軌跡から、指導者の条件とは何かを考える歴史読み物。

 まずは軍事指導者としては一流で、信長にも匹敵する国際・外交感覚を備え、国内政治では家康的な絶妙のバランス感覚を持っていたという伊達政宗。政治学的には極めて優れた政治家だった彼が、なぜ天下を治めえなかったのか。俗に挙げられる「生まれてくるのが遅すぎた」や「中央からの距離」などの理由を検証・否定し、その行動を読み解きながら、彼が天下を取れなかった本当の要因は何かを考察する。その他、今川義元や長宗我部元親などの政治力をさまざまな視点から分析。(PHP研究所 740円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  4. 4

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  5. 5

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  6. 6

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  7. 7

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  10. 10

    6年ぶりV逃した有村智恵の衰え…再三のチャンス決められず

もっと見る