• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「特捜部Q-知りすぎたマルコ-」(上・下)ユッシ・エーズラ・オールスン著、吉田薫訳

 08年秋、カメルーンで行方不明になった現地スタッフを心配したデンマーク外務省参事官のスタークは、上司に命じられ現地に向かう。しかし、当地での開発援助に不正があることに気づき、予定を切り上げて帰国。11年春、窃盗団を脱走し追っ手の影に怯えながらコペンハーゲンで暮らすマルコは、人捜しのビラに注目する。義父スタークの行方を捜しているというビラの写真に写っていたのは、叔父や父が殺して埋めた男だった。

 同じころ、コペンハーゲン警察本部で未解決事件を専門に扱う特捜部Qのカールは、ハウスボート放火殺人事件を捜査していた。が、部下のローセが町中でスタークのビラを見つけ、捜査したいと言いだす。デンマーク発、人気警察小説の第5弾。(早川書房 各800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  4. 4

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  5. 5

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  6. 6

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  7. 7

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  8. 8

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  9. 9

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る