「破婚」及川眠子著

公開日:  更新日:

 著者はWinkの「淋しい熱帯魚」や、新世紀エヴァンゲリオン主題歌「残酷な天使のテーゼ」など、数多くのヒット曲を送り出した人気作詞家。そんな彼女が休暇で訪れたカッパドキアで18歳年下のトルコ人と出会い、やがて結婚。しかし日本にやってきた彼は「床屋に行くからお金ちょうだい」に始まり、やがて「商売を大きくしたい」「兄の店を援助したい」など、詐欺師まがいの口八丁で次々に金を無心するようになる。彼女は母親のような気持ちでワガママを全部聞いたが、気が付けば亭主につぎ込んだ金はなんと3億円。離婚時にはさらに7000万円の借金を背負う羽目になったという。

 13年間の破れかぶれな結婚生活をつづった、本人いわく「総製作費3億7000万円」の告白本。(新潮社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

もっと見る