「どこかでベートーヴェン」中山七里著

公開日:  更新日:

 創立3年目の岐阜県立加茂北高校音楽科2年に岬が転入してきた。隣の席の鷹村は、ハンサムで頭もいい岬に対抗心を燃やす。しかし、岬のピアノ演奏を聞いた鷹村は、対抗心を抱いたことが恥ずかしくなる。鷹村だけでなく、クラス全員が岬の弾いたベートーヴェン「月光」に圧倒され、言葉も出ない。当の岬は、皆の自尊心を砕いてしまったことに気づかない。夏休みの登校日、豪雨で橋が流され学校が孤立。土砂災害の危険を察した岬は、倒れた電柱を伝って、助けを呼びにいく。駆け付けた救助隊に救出された鷹村は、岬が殺人の容疑者として事情聴取を受けていると知る。

 天才・岬洋介の高校時代を描いた人気音楽ミステリーシリーズ最新作。(宝島社 1480円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  7. 7

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  8. 8

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る