• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「どこかでベートーヴェン」中山七里著

 創立3年目の岐阜県立加茂北高校音楽科2年に岬が転入してきた。隣の席の鷹村は、ハンサムで頭もいい岬に対抗心を燃やす。しかし、岬のピアノ演奏を聞いた鷹村は、対抗心を抱いたことが恥ずかしくなる。鷹村だけでなく、クラス全員が岬の弾いたベートーヴェン「月光」に圧倒され、言葉も出ない。当の岬は、皆の自尊心を砕いてしまったことに気づかない。夏休みの登校日、豪雨で橋が流され学校が孤立。土砂災害の危険を察した岬は、倒れた電柱を伝って、助けを呼びにいく。駆け付けた救助隊に救出された鷹村は、岬が殺人の容疑者として事情聴取を受けていると知る。

 天才・岬洋介の高校時代を描いた人気音楽ミステリーシリーズ最新作。(宝島社 1480円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  9. 9

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る