• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「どこかでベートーヴェン」中山七里著

 創立3年目の岐阜県立加茂北高校音楽科2年に岬が転入してきた。隣の席の鷹村は、ハンサムで頭もいい岬に対抗心を燃やす。しかし、岬のピアノ演奏を聞いた鷹村は、対抗心を抱いたことが恥ずかしくなる。鷹村だけでなく、クラス全員が岬の弾いたベートーヴェン「月光」に圧倒され、言葉も出ない。当の岬は、皆の自尊心を砕いてしまったことに気づかない。夏休みの登校日、豪雨で橋が流され学校が孤立。土砂災害の危険を察した岬は、倒れた電柱を伝って、助けを呼びにいく。駆け付けた救助隊に救出された鷹村は、岬が殺人の容疑者として事情聴取を受けていると知る。

 天才・岬洋介の高校時代を描いた人気音楽ミステリーシリーズ最新作。(宝島社 1480円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  9. 9

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

  10. 10

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

もっと見る