• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「庶務行員 多加賀主水が許さない」江上剛著

 2年前、第七銀行と明和銀行が合併し第七明和銀行が誕生。しかし、金融庁の主導で行われた合併は遺恨をもたらし、熾烈な派閥争いが続いていた。会長の権藤と専務の綾小路は、明和出身の勢力を一掃するための陰謀をめぐらす。

 同じころ、主水は同銀行に庶務職として中途採用され、高田通り支店に着任する。庶務職とは、融資や預金事務をする行員とは異なり、店の掃除や設備のメンテナンス、案内などの雑務をこなす行員のこと。これまで職を転々としてきた主水は、第七明和銀行の「ある男」にスカウトされ、支店の動向を調査して報告するために派遣されたスパイだった。

 銀行を舞台にした長編エンターテインメント。(祥伝社 660円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  4. 4

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  5. 5

    “塚原派”にも追い込まれ…コーチ不在の宮川紗江に引退危機

  6. 6

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  7. 7

    トップ3は韓国勢でも LPGAは主催者に放映権を要求するのか

  8. 8

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  9. 9

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  10. 10

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

もっと見る