• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「庶務行員 多加賀主水が許さない」江上剛著

 2年前、第七銀行と明和銀行が合併し第七明和銀行が誕生。しかし、金融庁の主導で行われた合併は遺恨をもたらし、熾烈な派閥争いが続いていた。会長の権藤と専務の綾小路は、明和出身の勢力を一掃するための陰謀をめぐらす。

 同じころ、主水は同銀行に庶務職として中途採用され、高田通り支店に着任する。庶務職とは、融資や預金事務をする行員とは異なり、店の掃除や設備のメンテナンス、案内などの雑務をこなす行員のこと。これまで職を転々としてきた主水は、第七明和銀行の「ある男」にスカウトされ、支店の動向を調査して報告するために派遣されたスパイだった。

 銀行を舞台にした長編エンターテインメント。(祥伝社 660円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る