「関西人の正体」井上章一著

公開日:  更新日:

 ベストセラー「京都ぎらい」の著者による関西文化論。関西に誇りを持っている氏は、テレビに出演するときも関西弁を貫く。しかし、地元の人間でさえ、値打ちが下がるから関西弁をやめたほうがいいと助言してくるという。

「中心」と「辺境」の戦いでは、辺境の衰亡が決定的になると「標本」として保存を考え出す。標準語が中心ならば、関西弁は辺境だ。氏は事例を挙げながら、関西弁がその保存の対象になりつつあると嘆く。

 一方で大阪人は、他の地方の人が無責任につくり上げた「俗悪で猥雑」、よく言えば「バイタリティー」というレッテルに自分をあわせているのではないかと忠告するなど、関西に対する偏見の数々をユーモアに包んで打ち壊す。(朝日新聞出版 640円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る