• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「関西人の正体」井上章一著

 ベストセラー「京都ぎらい」の著者による関西文化論。関西に誇りを持っている氏は、テレビに出演するときも関西弁を貫く。しかし、地元の人間でさえ、値打ちが下がるから関西弁をやめたほうがいいと助言してくるという。

「中心」と「辺境」の戦いでは、辺境の衰亡が決定的になると「標本」として保存を考え出す。標準語が中心ならば、関西弁は辺境だ。氏は事例を挙げながら、関西弁がその保存の対象になりつつあると嘆く。

 一方で大阪人は、他の地方の人が無責任につくり上げた「俗悪で猥雑」、よく言えば「バイタリティー」というレッテルに自分をあわせているのではないかと忠告するなど、関西に対する偏見の数々をユーモアに包んで打ち壊す。(朝日新聞出版 640円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る