テレビとジャーナリズム ますます露骨化する報道への圧力

公開日:  更新日:

「テレビと原発報道の60年」七沢潔著

 NHKのドキュメンタリー制作者としてチェルノブイリ以来の原発問題のプロとして知られた著者。しかし「3・11」までの10年間、東電幹部らが加わったNHK経営委員会に目をつけられたか、現場を干されて放送文化研究所の閑職に。ところが「3・11」で急に現場から呼び出し。実はこのときまでNHKのドキュメンタリー畑には原発のわかる現役がいなくなっていたのだ。本書は過去5年間に書いた大小の記事に書き下ろしを加えた原発報道論。

 震災勃発の翌日、取るものも取りあえず車で現場取材に向かった体験リポートに始まり、現場の目ならではの論文が目白押し。活発だった原発報道が1年ほどで「原子力ムラ」の圧力に押されて次第に衰えていくさまを自己検証した論文では、プルトニウムよりはるかに短い「記憶の半減期」があると指摘。危険が起こったときに正常だと思い込みたがる日本人の「正常性バイアス」にも警鐘を鳴らす。安倍政権にゴマをする一方のNHKに辛うじて残った正統派の気骨。(彩流社 1900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

もっと見る