テレビとジャーナリズム ますます露骨化する報道への圧力

公開日:  更新日:

「テレビと原発報道の60年」七沢潔著

 NHKのドキュメンタリー制作者としてチェルノブイリ以来の原発問題のプロとして知られた著者。しかし「3・11」までの10年間、東電幹部らが加わったNHK経営委員会に目をつけられたか、現場を干されて放送文化研究所の閑職に。ところが「3・11」で急に現場から呼び出し。実はこのときまでNHKのドキュメンタリー畑には原発のわかる現役がいなくなっていたのだ。本書は過去5年間に書いた大小の記事に書き下ろしを加えた原発報道論。

 震災勃発の翌日、取るものも取りあえず車で現場取材に向かった体験リポートに始まり、現場の目ならではの論文が目白押し。活発だった原発報道が1年ほどで「原子力ムラ」の圧力に押されて次第に衰えていくさまを自己検証した論文では、プルトニウムよりはるかに短い「記憶の半減期」があると指摘。危険が起こったときに正常だと思い込みたがる日本人の「正常性バイアス」にも警鐘を鳴らす。安倍政権にゴマをする一方のNHKに辛うじて残った正統派の気骨。(彩流社 1900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  4. 4

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る