「龍馬の家計簿」大村大次郎著

公開日:  更新日:

 浪人だった坂本龍馬が、私設海軍・海援隊設立の資金をどのように調達したのか。龍馬のそんな「懐具合」を追いながら、人生をたどる歴史読み物。

 龍馬が、脱藩時に持っていたのは親戚などから借金して集めた約20両。それは半年ほどの生活費にしかならない額だった。道が開けるのは福井藩主・松平春嶽との出会いから。勝海舟が設立した海軍塾の塾頭のような立場になった龍馬は、春嶽から1000両(5000両ともいわれている)もの支援金を引き出している。海軍塾仲間の生計を守るために龍馬が設立した亀山社中の内情や、妻のおりょうの経済感覚、そして死の1カ月前にも知人に金を無心していたという龍馬の虚実入り乱れる人生を金銭面から検証し、その真相に迫る。(河出書房新社 1300円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る