「龍馬の家計簿」大村大次郎著

公開日:  更新日:

 浪人だった坂本龍馬が、私設海軍・海援隊設立の資金をどのように調達したのか。龍馬のそんな「懐具合」を追いながら、人生をたどる歴史読み物。

 龍馬が、脱藩時に持っていたのは親戚などから借金して集めた約20両。それは半年ほどの生活費にしかならない額だった。道が開けるのは福井藩主・松平春嶽との出会いから。勝海舟が設立した海軍塾の塾頭のような立場になった龍馬は、春嶽から1000両(5000両ともいわれている)もの支援金を引き出している。海軍塾仲間の生計を守るために龍馬が設立した亀山社中の内情や、妻のおりょうの経済感覚、そして死の1カ月前にも知人に金を無心していたという龍馬の虚実入り乱れる人生を金銭面から検証し、その真相に迫る。(河出書房新社 1300円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る