「ブラック・ドッグ」葉真中顕著

公開日:  更新日:

 地球規模で活動する動物愛護団体「ドーン・オブ・ガイア」、通称「DOG」が過激化。肉食をも否定し、ついには米国有数の畜産企業の経営者一家を襲撃するテロを行い、その一部始終をネット上に公開した。3週間後、動物愛護団体「ウィズ」の副代表を務める栞は、仲間とエコイベントに参加。会場の一角で保護犬の譲渡会を行うことになっているのだ。

 イベントでは大手ペット業者アヌビスが生み出した改良犬の販売会も催されることになっていた。しかし、開会直前、防火扉が一斉に閉まり、会場が密室化。栞の恋人の隆平らの眼前で、見たことのない生き物が参加者らを襲い始める。

 人間と動物の共存とはどういうことかを問う長編エンターテインメント。(講談社 1800円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る