• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「千年鈴虫」谷村志穂著

 ジュエリーショップで働く千佳は、松本に住む母からカルチャーセンターの源氏物語の講座に誘われる。気乗りがしないが、父を亡くしてから元気のなかった母が、隔週で東京に出てくる意欲を持ったことを喜び、付き合うことに。講師の大橋は70歳半ばの老人だったが、噂では光源氏のように受講生との逢瀬を楽しんでいるらしい。

 熱心に通っていた母が理由をつけて講座を休むようになった。千佳は、母も大橋と関係を持ち、捨てられたことを知る。千佳も誰かに復讐するように大橋と関係を持つようになったが、やがて、大橋の存在は千佳にとってなくてはならないものになる。

 源氏物語の一節をちりばめながら男女の修羅を描く濃密な恋愛小説。(祥伝社 550円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  2. 2

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  5. 5

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  6. 6

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  7. 7

    日朝首脳会談 「後退」観測の裏にプーチン大統領の横ヤリ

  8. 8

    東西約300人が在籍 ジャニーズJrは“大人以上に遊んでいる”

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

もっと見る