「千年鈴虫」谷村志穂著

公開日:  更新日:

 ジュエリーショップで働く千佳は、松本に住む母からカルチャーセンターの源氏物語の講座に誘われる。気乗りがしないが、父を亡くしてから元気のなかった母が、隔週で東京に出てくる意欲を持ったことを喜び、付き合うことに。講師の大橋は70歳半ばの老人だったが、噂では光源氏のように受講生との逢瀬を楽しんでいるらしい。

 熱心に通っていた母が理由をつけて講座を休むようになった。千佳は、母も大橋と関係を持ち、捨てられたことを知る。千佳も誰かに復讐するように大橋と関係を持つようになったが、やがて、大橋の存在は千佳にとってなくてはならないものになる。

 源氏物語の一節をちりばめながら男女の修羅を描く濃密な恋愛小説。(祥伝社 550円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

もっと見る