「千年鈴虫」谷村志穂著

公開日:  更新日:

 ジュエリーショップで働く千佳は、松本に住む母からカルチャーセンターの源氏物語の講座に誘われる。気乗りがしないが、父を亡くしてから元気のなかった母が、隔週で東京に出てくる意欲を持ったことを喜び、付き合うことに。講師の大橋は70歳半ばの老人だったが、噂では光源氏のように受講生との逢瀬を楽しんでいるらしい。

 熱心に通っていた母が理由をつけて講座を休むようになった。千佳は、母も大橋と関係を持ち、捨てられたことを知る。千佳も誰かに復讐するように大橋と関係を持つようになったが、やがて、大橋の存在は千佳にとってなくてはならないものになる。

 源氏物語の一節をちりばめながら男女の修羅を描く濃密な恋愛小説。(祥伝社 550円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る