• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「廃道探索 山さ行がねが」平沼義之著

 全国各地の廃道を歩く紀行リポート。

 まずは富山県と岐阜県の県境、両白山地の奥深くにかつてあった加須良集落と国道(現在は旧国道)を結ぶ林道。加須良は、隣村へ行くにも峠道を3里も歩かなければならず、冬は豪雪のため5カ月も外界と通じる交通手段がなかったという。そこで、集落の人々が区有林を売却して9年の歳月をかけて開通させたのが加須良林道だった。しかし、開通からわずか7年後、集落は無人化してしまう。そうした道の歴史を紹介しながら、垂直の崖を削り出して造った6キロの道のりを歩く。

 他にも、華厳の滝の観瀑台からいろは坂へと抜ける「華厳渓谷歩道」に存在する「鵲(かささぎ)橋」を目指す決死行など、忘れられた道8本を踏破。(実業之日本社 840円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  5. 5

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  6. 6

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  7. 7

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  8. 8

    日朝首脳会談 「後退」観測の裏にプーチン大統領の横ヤリ

  9. 9

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  10. 10

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

もっと見る