「廃道探索 山さ行がねが」平沼義之著

公開日:  更新日:

 全国各地の廃道を歩く紀行リポート。

 まずは富山県と岐阜県の県境、両白山地の奥深くにかつてあった加須良集落と国道(現在は旧国道)を結ぶ林道。加須良は、隣村へ行くにも峠道を3里も歩かなければならず、冬は豪雪のため5カ月も外界と通じる交通手段がなかったという。そこで、集落の人々が区有林を売却して9年の歳月をかけて開通させたのが加須良林道だった。しかし、開通からわずか7年後、集落は無人化してしまう。そうした道の歴史を紹介しながら、垂直の崖を削り出して造った6キロの道のりを歩く。

 他にも、華厳の滝の観瀑台からいろは坂へと抜ける「華厳渓谷歩道」に存在する「鵲(かささぎ)橋」を目指す決死行など、忘れられた道8本を踏破。(実業之日本社 840円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  3. 3

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る