「寂しい丘で狩りをする」辻原登著

公開日:  更新日:

 東京が大雪に見舞われた夜、映画の編集に携わる26歳の敦子は、殺人の前科のある押本にレイプされる。その後、敦子を脅迫してきた押本は警察に逮捕され、懲役7年の刑が下され刑務所に収監された。

 事件から1年半後、事件を取材していた須山に再会した敦子は、彼の出版記念の会に誘われる。気まぐれで会に参加した敦子は、別の参加者から、服役中の押本が出所したら敦子を捜し出して殺すと話していると聞く。5年後、押本の出所が近づき不安を募らせる敦子は、探偵事務所の調査員・みどりに押本に関する調査を依頼する。みどりもまた、元恋人・久我のストーカー行為に悩まされていた。

 追う者と追われる者が交錯する長編サスペンス。(講談社 780円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る