• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「寂しい丘で狩りをする」辻原登著

 東京が大雪に見舞われた夜、映画の編集に携わる26歳の敦子は、殺人の前科のある押本にレイプされる。その後、敦子を脅迫してきた押本は警察に逮捕され、懲役7年の刑が下され刑務所に収監された。

 事件から1年半後、事件を取材していた須山に再会した敦子は、彼の出版記念の会に誘われる。気まぐれで会に参加した敦子は、別の参加者から、服役中の押本が出所したら敦子を捜し出して殺すと話していると聞く。5年後、押本の出所が近づき不安を募らせる敦子は、探偵事務所の調査員・みどりに押本に関する調査を依頼する。みどりもまた、元恋人・久我のストーカー行為に悩まされていた。

 追う者と追われる者が交錯する長編サスペンス。(講談社 780円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  3. 3

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  6. 6

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  7. 7

    不明朗な土地取引 モリカケそっくり事件が全国に飛び火

  8. 8

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  9. 9

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  10. 10

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

もっと見る