• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「エデとウンク」アレクス・ウェディング著金子マーティン訳・解題

 1930年のベルリンで、12歳の少年・エデは縁日の回転木馬のそばで寒さに震えている女の子・ウンクに出会った。祖母を待っているというウンクと話していると太った少年がやってきて、ジプシー(ロマ族)にひき肉にされると忠告した。エデは平手打ちをくらわせて少年を追い払うが、ウンクが差別されているロマだと知って驚く。家馬車で暮らしているウンクは、階段や水洗トイレのある家に住むエデを貴族みたいな生活とうらやむ。彼女は失業したエデの父親にと、吸いさしの葉巻をくれたのだが……。

 ロマを劣等民族として虐殺したナチスに禁書にされた児童文学作品。ロマ族迫害の歴史の解題付き。(影書房 1800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  3. 3

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  4. 4

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<下>

  10. 10

    納采の儀は困難…小室圭さんは「日本に帰れない」の声も

もっと見る