• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「エデとウンク」アレクス・ウェディング著金子マーティン訳・解題

 1930年のベルリンで、12歳の少年・エデは縁日の回転木馬のそばで寒さに震えている女の子・ウンクに出会った。祖母を待っているというウンクと話していると太った少年がやってきて、ジプシー(ロマ族)にひき肉にされると忠告した。エデは平手打ちをくらわせて少年を追い払うが、ウンクが差別されているロマだと知って驚く。家馬車で暮らしているウンクは、階段や水洗トイレのある家に住むエデを貴族みたいな生活とうらやむ。彼女は失業したエデの父親にと、吸いさしの葉巻をくれたのだが……。

 ロマを劣等民族として虐殺したナチスに禁書にされた児童文学作品。ロマ族迫害の歴史の解題付き。(影書房 1800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  5. 5

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  6. 6

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  7. 7

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  8. 8

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  9. 9

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

  10. 10

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

もっと見る