「田中角栄を逮捕した男」村山治、松本正、小俣一平著

公開日:  更新日:

 1976年、前首相・田中角栄がロッキード事件で逮捕された。このとき、マスコミ各社は特捜検察の捜査をキャッチできず、予定稿も用意されていなかった。「橋本逮捕」の予定稿があったのでそれを「田中」に書き換えたが、1カ所だけ「元幹事長」が残ってしまった。東京地検特捜部を指揮したのは副部長・吉永祐介だったが、84年、宇都宮地検検事正に任命される。吉永嫌いの伊藤栄樹東京高検検事長による左遷だと周囲も吉永も考えたが、伊藤はロッキード公判に備えて、1年後、吉永を最高検公判部長として呼び戻した。

 ロッキード事件40年を経て、NHKと朝日新聞の特ダネ記者が当時の秘話を明かす。(朝日新聞出版 2400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    キスシーンが不評 “独身貴族”佐々木蔵之介のイタい私生活

もっと見る