• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「田中角栄を逮捕した男」村山治、松本正、小俣一平著

 1976年、前首相・田中角栄がロッキード事件で逮捕された。このとき、マスコミ各社は特捜検察の捜査をキャッチできず、予定稿も用意されていなかった。「橋本逮捕」の予定稿があったのでそれを「田中」に書き換えたが、1カ所だけ「元幹事長」が残ってしまった。東京地検特捜部を指揮したのは副部長・吉永祐介だったが、84年、宇都宮地検検事正に任命される。吉永嫌いの伊藤栄樹東京高検検事長による左遷だと周囲も吉永も考えたが、伊藤はロッキード公判に備えて、1年後、吉永を最高検公判部長として呼び戻した。

 ロッキード事件40年を経て、NHKと朝日新聞の特ダネ記者が当時の秘話を明かす。(朝日新聞出版 2400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  3. 3

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

もっと見る