「神かくし ゆめ姫事件帖」和田はつ子著

公開日:  更新日:

 将軍家息女のゆめ姫は、身分を隠して側用人・池本方忠の屋敷の居候として暮らしている。方忠以外、誰もゆめが将軍家の娘とは知らない。毎夜、ゆめは不可解な夢に苦しめられる。生母お菊の方や花嫁姿の自分、そして全身血まみれの若い男、そしてとうとう骸骨までが夢に現れる。ゆめに予知夢の能力があることを知る方忠の次男で与力の信二郎は、骸骨が持っていた懐剣に刻まれた家紋が井桁に下がり藤だと聞き顔色が変わる。従妹の梅乃の嫁ぎ先の井口家の家紋だったからだ。2年前、梅乃は祝言から3カ月後に姿を消し、神かくしにあったといわれていた。

 不思議な力を持つ姫が、市井や大奥で悪をさばく連作時代小説。(角川春樹事務所 600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

もっと見る