• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「神かくし ゆめ姫事件帖」和田はつ子著

 将軍家息女のゆめ姫は、身分を隠して側用人・池本方忠の屋敷の居候として暮らしている。方忠以外、誰もゆめが将軍家の娘とは知らない。毎夜、ゆめは不可解な夢に苦しめられる。生母お菊の方や花嫁姿の自分、そして全身血まみれの若い男、そしてとうとう骸骨までが夢に現れる。ゆめに予知夢の能力があることを知る方忠の次男で与力の信二郎は、骸骨が持っていた懐剣に刻まれた家紋が井桁に下がり藤だと聞き顔色が変わる。従妹の梅乃の嫁ぎ先の井口家の家紋だったからだ。2年前、梅乃は祝言から3カ月後に姿を消し、神かくしにあったといわれていた。

 不思議な力を持つ姫が、市井や大奥で悪をさばく連作時代小説。(角川春樹事務所 600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    V候補がGL敗退危機に…アルゼンチン衝撃的惨敗の“元凶”

  9. 9

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  10. 10

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

もっと見る