「駆け込み寺の男-玄秀盛-」佐々涼子著

公開日:  更新日:

 DVや借金、ストーカーなどに悩み、行き場を失った人々に無償で手を差し伸べる新宿・歌舞伎町の「日本駆け込み寺」。団体を立ち上げ、14年間で3万人以上を救ってきた玄秀盛代表の人生と、その活動を追ったルポルタージュ。

 24時間、門戸を開く駆け込み寺には、スリップ一枚だけでヒモの暴力を逃れてきた不法滞在のフィリピン女性や、マッサージ店で客を取らされ身ごもってしまった聾唖(ろうあ)の風俗嬢ら、さまざまな人々が駆け込んでくる。玄は相談者に寄り添うこと、親身になることもなく、ただ現実的解決策を示し、その手助けをする。時には命を懸けても相談者を助ける氏に密着しながら、現在に至るまでのその壮絶な半生をたどる。(早川書房 680円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  5. 5

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    雄星メジャー“最後の壁” 球団ドクター難癖で買い叩き懸念

もっと見る