「駆け込み寺の男-玄秀盛-」佐々涼子著

公開日:  更新日:

 DVや借金、ストーカーなどに悩み、行き場を失った人々に無償で手を差し伸べる新宿・歌舞伎町の「日本駆け込み寺」。団体を立ち上げ、14年間で3万人以上を救ってきた玄秀盛代表の人生と、その活動を追ったルポルタージュ。

 24時間、門戸を開く駆け込み寺には、スリップ一枚だけでヒモの暴力を逃れてきた不法滞在のフィリピン女性や、マッサージ店で客を取らされ身ごもってしまった聾唖(ろうあ)の風俗嬢ら、さまざまな人々が駆け込んでくる。玄は相談者に寄り添うこと、親身になることもなく、ただ現実的解決策を示し、その手助けをする。時には命を懸けても相談者を助ける氏に密着しながら、現在に至るまでのその壮絶な半生をたどる。(早川書房 680円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

もっと見る