• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「駆け込み寺の男-玄秀盛-」佐々涼子著

 DVや借金、ストーカーなどに悩み、行き場を失った人々に無償で手を差し伸べる新宿・歌舞伎町の「日本駆け込み寺」。団体を立ち上げ、14年間で3万人以上を救ってきた玄秀盛代表の人生と、その活動を追ったルポルタージュ。

 24時間、門戸を開く駆け込み寺には、スリップ一枚だけでヒモの暴力を逃れてきた不法滞在のフィリピン女性や、マッサージ店で客を取らされ身ごもってしまった聾唖(ろうあ)の風俗嬢ら、さまざまな人々が駆け込んでくる。玄は相談者に寄り添うこと、親身になることもなく、ただ現実的解決策を示し、その手助けをする。時には命を懸けても相談者を助ける氏に密着しながら、現在に至るまでのその壮絶な半生をたどる。(早川書房 680円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る