「潮鳴り」葉室麟著

公開日:  更新日:

 九州豊後・羽根藩士だった櫂蔵は、秀才との誉れも高かったが、3年前、大坂商人との宴席での振る舞いが問題視され、家督を腹違いの弟・新五郎に譲って隠居。以来、漁師小屋に寝起きし、酒とばくちに溺れた生活を送っている。ある日、新田開発方の奉行並に出世した新五郎が切腹。櫂蔵は、新五郎が藩政改革の名目で日田の掛屋から5000両を借り出すことに成功したが、藩が新五郎に責任を負わせ借金を踏み倒したことを知る。そんな中、櫂蔵に家督を再び継いで出仕するよう藩主の下知が下る。日田の掛屋・小倉屋から新五郎がある事業を密かに進めようとしていたと聞いた櫂蔵は、その事業を引き継ぐべく出仕することに。

 男の再起を描く「羽根藩」シリーズ第2弾。(祥伝社 700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る