「潮鳴り」葉室麟著

公開日:  更新日:

 九州豊後・羽根藩士だった櫂蔵は、秀才との誉れも高かったが、3年前、大坂商人との宴席での振る舞いが問題視され、家督を腹違いの弟・新五郎に譲って隠居。以来、漁師小屋に寝起きし、酒とばくちに溺れた生活を送っている。ある日、新田開発方の奉行並に出世した新五郎が切腹。櫂蔵は、新五郎が藩政改革の名目で日田の掛屋から5000両を借り出すことに成功したが、藩が新五郎に責任を負わせ借金を踏み倒したことを知る。そんな中、櫂蔵に家督を再び継いで出仕するよう藩主の下知が下る。日田の掛屋・小倉屋から新五郎がある事業を密かに進めようとしていたと聞いた櫂蔵は、その事業を引き継ぐべく出仕することに。

 男の再起を描く「羽根藩」シリーズ第2弾。(祥伝社 700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

もっと見る