「自律神経を整えてストレスをなくすオキシトシン健康法」高橋徳著

公開日:  更新日:

 近年、医学や脳科学の分野で「オキシトシン」が注目されている。脳の視床下部から分泌されるホルモンで、誰かを思いやったり、やさしくしたりすることで分泌されることから「幸せホルモン」とも呼ばれている。

 また、オキシトシンは幸せな気分を高めるセロトニンやヤル気を促すドーパミンの分泌にも関わっているうえ、ストレスホルモンの分泌を抑制したり、痛みをやわらげるエンドルフィンの分泌も促す。そうした相乗効果によって、ストレスを抑え、自律神経を調整し、血糖値や血圧をコントロールし、肩こりや腰痛を改善させるなど、さまざまな健康効果が期待できるという。

 オキシトシンを分泌させるには、「お腹がすいたら好きなものを食べる」「目を見ながらコミュニケーションをとる」「2人以上でランチに行く」「あいさつを欠かさない」「誰かを応援する」といった行動を習慣にすると良い。好きな音楽を聴いたり、朝に30分散歩することでも、分泌されやすくなる。(アスコム 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る