• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「自律神経を整えてストレスをなくすオキシトシン健康法」高橋徳著

 近年、医学や脳科学の分野で「オキシトシン」が注目されている。脳の視床下部から分泌されるホルモンで、誰かを思いやったり、やさしくしたりすることで分泌されることから「幸せホルモン」とも呼ばれている。

 また、オキシトシンは幸せな気分を高めるセロトニンやヤル気を促すドーパミンの分泌にも関わっているうえ、ストレスホルモンの分泌を抑制したり、痛みをやわらげるエンドルフィンの分泌も促す。そうした相乗効果によって、ストレスを抑え、自律神経を調整し、血糖値や血圧をコントロールし、肩こりや腰痛を改善させるなど、さまざまな健康効果が期待できるという。

 オキシトシンを分泌させるには、「お腹がすいたら好きなものを食べる」「目を見ながらコミュニケーションをとる」「2人以上でランチに行く」「あいさつを欠かさない」「誰かを応援する」といった行動を習慣にすると良い。好きな音楽を聴いたり、朝に30分散歩することでも、分泌されやすくなる。(アスコム 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  9. 9

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  10. 10

    NEWS小山もう復帰説…ジャニ“キャスター”12人に世間の目は

もっと見る