「自律神経を整えてストレスをなくすオキシトシン健康法」高橋徳著

公開日:  更新日:

 近年、医学や脳科学の分野で「オキシトシン」が注目されている。脳の視床下部から分泌されるホルモンで、誰かを思いやったり、やさしくしたりすることで分泌されることから「幸せホルモン」とも呼ばれている。

 また、オキシトシンは幸せな気分を高めるセロトニンやヤル気を促すドーパミンの分泌にも関わっているうえ、ストレスホルモンの分泌を抑制したり、痛みをやわらげるエンドルフィンの分泌も促す。そうした相乗効果によって、ストレスを抑え、自律神経を調整し、血糖値や血圧をコントロールし、肩こりや腰痛を改善させるなど、さまざまな健康効果が期待できるという。

 オキシトシンを分泌させるには、「お腹がすいたら好きなものを食べる」「目を見ながらコミュニケーションをとる」「2人以上でランチに行く」「あいさつを欠かさない」「誰かを応援する」といった行動を習慣にすると良い。好きな音楽を聴いたり、朝に30分散歩することでも、分泌されやすくなる。(アスコム 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

もっと見る