「遺品は語る」赤澤健一著

公開日:  更新日:

 取扱件数業界トップの遺品整理会社を営む著者が、「人生の後始末」の際に「必ずすべきこと」を教示するテキスト。

 1980年に90万人以下だった高齢者の一人暮らしは、約600万人に急増。呼応するように、同社の業務の13%が孤独死や自殺、ごみ屋敷などの「特殊清掃」と呼ぶ案件だという。

 死後、半年経って発見された男性の部屋など、そうした孤独死の現場の実情を紹介。片付けブームなどと言われるが、実際に身の回りを片付けて亡くなる人や、死んだ親の家を上手に片付けることができる人などは、ほとんどいないという。

 プロの視点から多くの人が陥りやすい遺品整理の間違いを指摘し、身の回りの整理のポイントを具体的に解説する。(講談社 800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

もっと見る