「ものの見方、考え方発信型思考力を養う」外山滋比古著

公開日:  更新日:

 ベストセラー「思考の整理学」の著者によるエッセー集。「国際的」とはどういうことか。「国際的」という言葉がよく用いられるようになったのは、人間の生活が国と国との関係に重点を置いた次元で考えられることが多くなった証拠ではあるが、その先には、世界を新しい軸から考えようとする態度、世界をこれまでとは違ったものと感じる感覚があるのではないかと著者は言い、その態度や感覚とはどのようなものかを考察する。その「地理的思考」と題された一文をはじめ、日本語はなぜ縦書きなのか、アイデアはどこから浮かぶのかなど、さまざまな切り口から「発信型思考力」を養うための「ものの見方」を学ぶ。
(PHP研究所 500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る