「銃とチョコレート」乙一著

公開日:  更新日:

 父亡き後、11歳のリンツと母の暮らしは苦しくなる一方だった。そんなある夜、リンツが生前の父に市場で買ってもらった聖書の革表紙が破れ、1枚の紙が出てくる。紙には地図と、その中に円で囲んだ男性の横顔が描かれていた。そして、裏には風車小屋の絵も。リンツは、記号のような円の中の男の顔が、怪盗ゴディバが盗んだ貴重な「英雄の金貨」の図柄だと思い出す。怪盗ゴディバは、これまで各地で国宝級の財宝を盗み、世間を騒がせていた。地図は、ゴディバが描いたものだと確信したリンツは、彼を追う名探偵のロイズに手紙を書く。数日後、リンツの前に浮浪者に変装したロイズが現れる。

 少年と名探偵の冒険の旅を描く長編ミステリー。

(講談社 590円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  9. 9

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る