• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「夫婦で行く 意外とおいしいイギリス」清水義範著

 旅の始まりはスコットランドのエディンバラ。イギリスの料理はまずいとよくいわれるが、確かに5つ星ホテルの朝食に出たスクランブルエッグも、「スクランブルエッグのもと」の粉で作られており、まずかった。おしなべて料理は、下味がついていないというか、塩がきいておらずイマイチ。各地を観光しながら、パブの楽しみ方を知り、伝統料理のハギスやローストターキー、ヨークシャープディングなどのイギリス料理を味わいながらロンドンまで14日間。そして最後の最後に今回の旅行で一番おいしいと感じた、とっておきの庶民料理にありつく。

 作家夫婦が世界各地を食べ歩く人気紀行シリーズのイギリス編。

(集英社 660円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  6. 6

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  7. 7

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  8. 8

    NEWS小山もう復帰説…ジャニ“キャスター”12人に世間の目は

  9. 9

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  10. 10

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

もっと見る