「金曜日の本屋さん」名取佐和子著

公開日:  更新日:

 大学生の倉井は、「読みたい本が見つかる本屋」とネットで噂の「金曜堂」を訪ねる。北関東のとある駅の中にあるその店は、小さくて、とても探している本があるとは思えない。倉井が探していたのは、高校生のときに父の蔵書から持ち出してなくしてしまった庄司薫の「白鳥の歌なんか聞こえない」という本だった。入院中の父から「読みたいから返してくれ」と言われたので、買い直して届けても、「これじゃない」と突き返されてしまったのだ。事情を知った店長の槇乃に案内された書店の地下には、計画倒れに終わった地下鉄のホームを利用した広大な書庫が広がっていた。

 不思議な本屋を舞台に人と本との出合いを描く連作短編集。

(角川春樹事務所 600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る