• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「日本地図のたのしみ」今尾恵介著

 地図の楽しみ方を教えてくれる地図鑑賞ガイド。

 地図は「現地のありのまま」と思われがちだが、実は企画者が「何らかの意図」を表現した著作物。客観的と思われている国発行の地形図も、日本では当たり前のように書き込まれる公共施設も、海外の地図では当たり前でなかったり、日本の地形図にはない「廃止された鉄道」が英国製には示されていたりする。

 明治から現代まで4枚の地図でたどる渋谷の変遷や、山口県の北西端、長門市にある「ムカツク(向津具)」など地図で面白い地名を見つける楽しみ、そして福島・山形・新潟3県にまたがる飯豊山周辺で県境が二重に表記されている謎などを解き明かす「領土と境界線」まで。楽しみ方無限大の地図の魅力を紹介。(筑摩書房 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

もっと見る