「日本地図のたのしみ」今尾恵介著

公開日:  更新日:

 地図の楽しみ方を教えてくれる地図鑑賞ガイド。

 地図は「現地のありのまま」と思われがちだが、実は企画者が「何らかの意図」を表現した著作物。客観的と思われている国発行の地形図も、日本では当たり前のように書き込まれる公共施設も、海外の地図では当たり前でなかったり、日本の地形図にはない「廃止された鉄道」が英国製には示されていたりする。

 明治から現代まで4枚の地図でたどる渋谷の変遷や、山口県の北西端、長門市にある「ムカツク(向津具)」など地図で面白い地名を見つける楽しみ、そして福島・山形・新潟3県にまたがる飯豊山周辺で県境が二重に表記されている謎などを解き明かす「領土と境界線」まで。楽しみ方無限大の地図の魅力を紹介。(筑摩書房 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る