「拾った女」チャールズ・ウィルフォード著 浜野アキオ訳

公開日: 更新日:

 酒に溺れる日々を送っていたハリーが店員として働くカフェに、閉店間際、酔った美女が入ってくる。コーヒーを飲み終えた女は、ハンドバッグをなくし、文無しだと言い出す。仕事を終えたハリーは、ヘレンと名乗る女と一緒にバッグを捜すが見つからない。仕方なくホテル代を支払ってやり、別れる。ヘレンのことは忘れるつもりだったが、翌日、再び彼女が来店。ハリーは店主に店を辞めると告げて彼女と街に繰り出す。ハリーの部屋で絵の道具を見つけたヘレンは自画像を描いてくれという。酒も断って絵を完成させたハリーだが、ヘレンの所持金も尽き、行き詰まった2人は心中を決意するが……。

 犯罪小説の巨匠が1950年代に発表した長編ノワールの初邦訳。(扶桑社 950円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  3. 3

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  4. 4

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  5. 5

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  8. 7

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  9. 8

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  10. 9

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  11. 10

    西村大臣の露骨な“庶民イジメ” 罰則付きでも休業補償なし

もっと見る