• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「拾った女」チャールズ・ウィルフォード著 浜野アキオ訳

 酒に溺れる日々を送っていたハリーが店員として働くカフェに、閉店間際、酔った美女が入ってくる。コーヒーを飲み終えた女は、ハンドバッグをなくし、文無しだと言い出す。仕事を終えたハリーは、ヘレンと名乗る女と一緒にバッグを捜すが見つからない。仕方なくホテル代を支払ってやり、別れる。ヘレンのことは忘れるつもりだったが、翌日、再び彼女が来店。ハリーは店主に店を辞めると告げて彼女と街に繰り出す。ハリーの部屋で絵の道具を見つけたヘレンは自画像を描いてくれという。酒も断って絵を完成させたハリーだが、ヘレンの所持金も尽き、行き詰まった2人は心中を決意するが……。

 犯罪小説の巨匠が1950年代に発表した長編ノワールの初邦訳。(扶桑社 950円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  3. 3

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  4. 4

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  5. 5

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  6. 6

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  7. 7

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  8. 8

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  9. 9

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る