• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「拾った女」チャールズ・ウィルフォード著 浜野アキオ訳

 酒に溺れる日々を送っていたハリーが店員として働くカフェに、閉店間際、酔った美女が入ってくる。コーヒーを飲み終えた女は、ハンドバッグをなくし、文無しだと言い出す。仕事を終えたハリーは、ヘレンと名乗る女と一緒にバッグを捜すが見つからない。仕方なくホテル代を支払ってやり、別れる。ヘレンのことは忘れるつもりだったが、翌日、再び彼女が来店。ハリーは店主に店を辞めると告げて彼女と街に繰り出す。ハリーの部屋で絵の道具を見つけたヘレンは自画像を描いてくれという。酒も断って絵を完成させたハリーだが、ヘレンの所持金も尽き、行き詰まった2人は心中を決意するが……。

 犯罪小説の巨匠が1950年代に発表した長編ノワールの初邦訳。(扶桑社 950円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  2. 2

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  5. 5

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  8. 8

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  9. 9

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  10. 10

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

もっと見る