「翳りの城」三吉眞一郎著

公開日:  更新日:

 元亀3(1572)年、武田信玄は、大軍を率いて上洛を開始。主力部隊の側面、東遠州方面攻略を命じられた剣崎弦馬が兵を率いて進軍中、天明山山麓に奇妙な城を見つける。家康が急ごしらえした出城と思われた。城は無防備で、石垣をただ垂直に積み上げ、その高さだけが際立ち、人影は見えない。空城ならば焼き払うだけと、剣崎は翌朝、800の兵で攻撃を仕掛ける。

 しかし、大手門まで兵が進撃すると、石壁に巧妙に設けられた矢狭間から一斉に矢が降り注いできた。多くの犠牲を出しながらも大手門を突破し、槍部隊が城内に突撃する。しかし、いつまでたっても剣崎に落城の知らせは届かない。

「人を食らう城」と武田軍の死闘を描く時代バイオレンス。(竹書房 700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  9. 9

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る