• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

デジタル食品の恐怖 高橋五郎著

 食べ物の多くが、成分的・用途別に規格化され、知らず知らずのうちに「部品化」されている現代。無数の「部品」を組み合わせて作る加工食品は事実上、スマホと同じ「デジタル製品」だと著者は指摘する。そんな現代のデジタル食品が抱える問題点を取り上げ、食の安全について警鐘を鳴らすリポート。

 例えば、レトルトカレーの場合は50点以上の「部品」からできている。食品原料の国際取引が複雑になった結果、産地・成分だけでなく正体さえ不明の食品「部品」が大量に出回っているという。カドミウムや水銀などの重金属や残留農薬による汚染の実態を突き止めるのはもはや不可能に近いと警告。デジタル食品の恐ろしさを伝えながら、消費者ができる対策を伝える。(新潮社 700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  3. 3

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  4. 4

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  7. 7

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  8. 8

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る