デジタル食品の恐怖 高橋五郎著

公開日: 更新日:

 食べ物の多くが、成分的・用途別に規格化され、知らず知らずのうちに「部品化」されている現代。無数の「部品」を組み合わせて作る加工食品は事実上、スマホと同じ「デジタル製品」だと著者は指摘する。そんな現代のデジタル食品が抱える問題点を取り上げ、食の安全について警鐘を鳴らすリポート。

 例えば、レトルトカレーの場合は50点以上の「部品」からできている。食品原料の国際取引が複雑になった結果、産地・成分だけでなく正体さえ不明の食品「部品」が大量に出回っているという。カドミウムや水銀などの重金属や残留農薬による汚染の実態を突き止めるのはもはや不可能に近いと警告。デジタル食品の恐ろしさを伝えながら、消費者ができる対策を伝える。(新潮社 700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  6. 6

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  7. 7

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  8. 8

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  9. 9

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  10. 10

    テレ朝でニュース番組司会 中居正広“当面残留”の将来設計

もっと見る