「武器としての人口減社会」村上由美子著

公開日: 更新日:

 35カ国の先進諸国が加盟するOECD(経済協力開発機構)の東京センター所長による政策提言書。

 OECD統計を分析してみると、労働生産性や女性活躍推進、起業家精神など、各分野において日本は最低レベル。おまけに少子高齢化の波を受け、国家財政は緊迫、経済も低迷する残念な国にしか見えない。しかし、著者は少子高齢化の波を短期間で反転させることは不可能だが、逆にそれを強みとして他国と競争していくことは十分可能だという。

 そのために必要な人的資源や社会インフラ、技術革新などの基本条件がここまで揃っている国は他にないからだ。

 客観的な統計データを読み解きながら、人口減少を武器にして日本が進むべき道を考察する。(光文社 740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  3. 3

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    長野の広島移籍はFA補強の犠牲というよりまさに“栄転”だ

  6. 6

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  7. 7

    統計不正の“単独犯”務まるか?中江元秘書官のポンコツ伝説

  8. 8

    特大弾含む大当たりでも…日ハム清宮への意外な酷評と課題

  9. 9

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

  10. 10

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

もっと見る