「武器としての人口減社会」村上由美子著

公開日: 更新日:

 35カ国の先進諸国が加盟するOECD(経済協力開発機構)の東京センター所長による政策提言書。

 OECD統計を分析してみると、労働生産性や女性活躍推進、起業家精神など、各分野において日本は最低レベル。おまけに少子高齢化の波を受け、国家財政は緊迫、経済も低迷する残念な国にしか見えない。しかし、著者は少子高齢化の波を短期間で反転させることは不可能だが、逆にそれを強みとして他国と競争していくことは十分可能だという。

 そのために必要な人的資源や社会インフラ、技術革新などの基本条件がここまで揃っている国は他にないからだ。

 客観的な統計データを読み解きながら、人口減少を武器にして日本が進むべき道を考察する。(光文社 740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  5. 5

    巨人エース菅野をむしばむ「最低8回は投げろ」の過酷指令

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  8. 7

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  9. 8

    巨人“正捕手問題”解決せず…「打てる捕手」の日は1勝3敗

  10. 9

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  11. 10

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

もっと見る