• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「風の殺意・おわら風の盆」西村京太郎著

 カメラマンの田村の恋人・小野寺ユキが失踪。行方を捜してユキの部屋を訪ねた田村は、彼女が管理人には木村美雪と名乗っていたことを知る。部屋に残された手がかりは、富山県八尾町の「おわら風の盆」で踊る彼女の姿を写したパネル写真だけだった。

 田村は、その写真を撮ったカメラマンを突き止める。しかし、そのカメラマン・三浦は1年前に沖縄で撮影中に事故死していた。遺族から三浦が撮影した写真や取材資料を借りて、ユキの手がかりを探す田村を警視庁の十津川が訪ねてくる。三浦の死が他殺と分かり、改めて捜査が始まったというのだ。ユキが八尾の出身だと確信した田村は、祭りを控えた当地へと向かう。

 おわら風の盆を舞台にした長編旅情ミステリー。(光文社 600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  5. 5

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  6. 6

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  7. 7

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  8. 8

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  9. 9

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

  10. 10

    通信機器宣伝マンから再出発 “ギター侍”波田陽区さんは今

もっと見る