「風の殺意・おわら風の盆」西村京太郎著

公開日:  更新日:

 カメラマンの田村の恋人・小野寺ユキが失踪。行方を捜してユキの部屋を訪ねた田村は、彼女が管理人には木村美雪と名乗っていたことを知る。部屋に残された手がかりは、富山県八尾町の「おわら風の盆」で踊る彼女の姿を写したパネル写真だけだった。

 田村は、その写真を撮ったカメラマンを突き止める。しかし、そのカメラマン・三浦は1年前に沖縄で撮影中に事故死していた。遺族から三浦が撮影した写真や取材資料を借りて、ユキの手がかりを探す田村を警視庁の十津川が訪ねてくる。三浦の死が他殺と分かり、改めて捜査が始まったというのだ。ユキが八尾の出身だと確信した田村は、祭りを控えた当地へと向かう。

 おわら風の盆を舞台にした長編旅情ミステリー。(光文社 600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る