「ライオンはとてつもなく不味い」山形豪著

公開日: 更新日:

 アフリカに暮らす野生動物や自然、人々をカメラに収める写真家によるフォトエッセー。

 日本の80倍という広大なアフリカの南端部、南アフリカ、ナミビア、ボツワナが著者の主な活動の場。レンタカーにすべてを詰め込み、一人でテント暮らしをしながら撮影を行っているという。カラハリ砂漠で飢えたチーターの親子に遭遇。3日間張り付き、狩りが成功するシーンを撮影したエピソードなどを紹介しながら、生と死が循環している野生動物たちの世界をつづる。時には「猛獣」のカバに襲われたり、荒野で車が横転するほどの交通事故に遭ったりと、失敗談を交えながら、アフリカでの体験とその魅力を語る。ちなみに書名のライオンの肉の味も実体験だそうだ。(集英社 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  2. 2

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

  3. 3

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  4. 4

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  5. 5

    白井貴子さん モントリオール金から30年、難民支援を継続

  6. 6

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  7. 7

    出会いから5年 ついに百恵&友和の決定的な写真が撮られた

  8. 8

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  9. 9

    坂本と大城はどこで感染?巨人コロナ「微陽性」6つの疑問

  10. 10

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

もっと見る