「謎解きゴッホ 見方の極意 魂のタッチ」西岡文彦著

公開日: 更新日:

 孤高の天才画家ゴッホの人生とその作品を読み解く鑑賞ガイド。

 37歳で拳銃自殺するまでのわずか10年に2000点以上もの作品を描いたゴッホだが、生前に売れた作品は1点しかない。治療をしてくれた医師にお礼として贈った肖像画など、家畜小屋の穴をふさぐのに使われていたという。ゴッホが生きた時代は、ムンクやピカソの作品はまだ存在せず、絵画に写実性しか求められていなかった。当時の人々には、ゴッホの明るい色彩や豪快なタッチは狂気の産物としか映っていなかったそうだ。

 色彩やタッチの変遷にゴッホの人生の変転を読み解き、作品に込められた画家の思いとその時代背景を解説していく。

(河出書房新社 740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  3. 3

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  4. 4

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  5. 5

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  6. 6

    PCRを義務化し陽性者は即隔離…「伸晃モデル」を求める声

  7. 7

    「政治とカネ」問題かわす菅首相が10年前に言っていた正論

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  10. 10

    菅野の父親に県大会決勝の先発辞退を直訴するよう勧めた

もっと見る

人気キーワード