「謎解きゴッホ 見方の極意 魂のタッチ」西岡文彦著

公開日:  更新日:

 孤高の天才画家ゴッホの人生とその作品を読み解く鑑賞ガイド。

 37歳で拳銃自殺するまでのわずか10年に2000点以上もの作品を描いたゴッホだが、生前に売れた作品は1点しかない。治療をしてくれた医師にお礼として贈った肖像画など、家畜小屋の穴をふさぐのに使われていたという。ゴッホが生きた時代は、ムンクやピカソの作品はまだ存在せず、絵画に写実性しか求められていなかった。当時の人々には、ゴッホの明るい色彩や豪快なタッチは狂気の産物としか映っていなかったそうだ。

 色彩やタッチの変遷にゴッホの人生の変転を読み解き、作品に込められた画家の思いとその時代背景を解説していく。

(河出書房新社 740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る