「謎解きゴッホ 見方の極意 魂のタッチ」西岡文彦著

公開日:  更新日:

 孤高の天才画家ゴッホの人生とその作品を読み解く鑑賞ガイド。

 37歳で拳銃自殺するまでのわずか10年に2000点以上もの作品を描いたゴッホだが、生前に売れた作品は1点しかない。治療をしてくれた医師にお礼として贈った肖像画など、家畜小屋の穴をふさぐのに使われていたという。ゴッホが生きた時代は、ムンクやピカソの作品はまだ存在せず、絵画に写実性しか求められていなかった。当時の人々には、ゴッホの明るい色彩や豪快なタッチは狂気の産物としか映っていなかったそうだ。

 色彩やタッチの変遷にゴッホの人生の変転を読み解き、作品に込められた画家の思いとその時代背景を解説していく。

(河出書房新社 740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

もっと見る