• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「真田十勇士(三)」柴田錬三郎著

 時代エンターテインメントの巨匠が、1970年代に発表した時代伝奇ロマンシリーズ完結編。

 高野山のふもと、九度山の真田館は、表向きは平穏な日々が続いているように見えた。だが、幸村は家康との決戦の日に備え、密かに軍用金の調達に明け暮れる。幸村の指示を受け、猿飛佐助らは夢影が発見した諏訪湖の底に眠る武田家由来の黄金の城の運び出しに。そして穴山小助らは、宇喜多秀家が太閤から預かった軍用金の行方を捜すために小豆島へと向かう。

 しかし、黄金の城はすでに運び去られた後だった。噂を聞き、甲斐恵林寺の快川和尚を訪ねると、和尚が折った折り鶴が佐助らを道案内。そんな佐助らの前に無窓只四郎が立ちはだかる……。

(集英社 720円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る