「真田十勇士(三)」柴田錬三郎著

公開日: 更新日:

 時代エンターテインメントの巨匠が、1970年代に発表した時代伝奇ロマンシリーズ完結編。

 高野山のふもと、九度山の真田館は、表向きは平穏な日々が続いているように見えた。だが、幸村は家康との決戦の日に備え、密かに軍用金の調達に明け暮れる。幸村の指示を受け、猿飛佐助らは夢影が発見した諏訪湖の底に眠る武田家由来の黄金の城の運び出しに。そして穴山小助らは、宇喜多秀家が太閤から預かった軍用金の行方を捜すために小豆島へと向かう。

 しかし、黄金の城はすでに運び去られた後だった。噂を聞き、甲斐恵林寺の快川和尚を訪ねると、和尚が折った折り鶴が佐助らを道案内。そんな佐助らの前に無窓只四郎が立ちはだかる……。

(集英社 720円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パナマ文書に義姉会社 加藤厚労相とベネッセ“奇怪な関係”

  2. 2

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  3. 3

    ロッテ1位・佐々木朗希<1>野球経験なしの父が放った本塁打

  4. 4

    東大が方針転換 英語民間試験に突き付けた「NO!」の波紋

  5. 5

    日本はもはや国の体をなしていないことを実感した1カ月

  6. 6

    レンタルなんもしない人 森本祥司さん<1>流されて会社員に

  7. 7

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  8. 8

    時代の流れに逆行…花形種目のマラソンが五輪から消える日

  9. 9

    ロッテ1位・佐々木朗希<2>母は女手一つで息子3人を育てた

  10. 10

    渥美清<前編>“飴屋横丁”で働き身につけた寅さんの売り口上

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る