「ハイブリッド外交官の仕事術」宮家邦彦著

公開日:  更新日:

 元外交官の著者は、複雑な国際情勢においては「本筋」を一瞬で見極めることが大事だという。それはビジネスでも同様で、「本筋」を一瞬で見極めるためには「大局観」を養うことだと説く。本書は、外交官として働いてきた体験をもとに、その「大局観」を持つために必要な技を伝授するビジネステキスト。

 情報を得るために、赴任地でいつも一から人脈を築いてきた著者。その人脈づくりの極意を紹介しながら、新しい情報を得るには新しい人脈も必要だが、大局的な視点を磨くためには、古い友人を通じた「定点観測」も重要だという。そんな情報の入手法に始まり、交渉術や情報の分析法、そして危機管理術まで、外交の現場で磨いた仕事術を惜しげもなく公開。

(PHP研究所 620円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る