「平穏死という生き方」石飛幸三著

公開日:  更新日:

 特別養護老人ホーム「芦花ホーム」常勤医として、これまで数多くのお年寄りをみとってきた著者は、かねて「終末期の高齢者に胃ろうなどの過剰な延命医療を施すことは本人を苦しめる」と提言。もっと自然で安らかな死である「平穏死」を迎えさせてやるべきだとして、終末期医療と介護のあり方について一石を投じ続けてきた。

 しかし、日本の終末期医療の現状は、いまだに胃ろうによる人工的な栄養摂取で生かされているケースが多く、認知症高齢患者の8割が「平穏死」できないという。人間は口で食べ物を味わって食べる機能を取り上げられると根源的な喜びを奪われたも同然で、生きる意欲が失われる。胃ろうによって“生けるしかばね”になってしまうのだ。

 著者は、さらなる超高齢化社会が到来することが確実な今こそ、あらためて自分自身の「死」について真剣に考え、「後悔のない生」を生き始めるべきだという。これまで著者がみとってきた数多くの高齢者たちの死に方、生き方を通して、幸せな生涯の閉じ方が見えてくる。(幻冬舎 1100円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る