「隙間風 素浪人稼業」藤井邦夫著

公開日: 更新日:

 寝坊して日雇い仕事にあぶれた平八郎は、往来で浪人ともめていた老人・弥平を助ける。謝礼代わりに朝飯をごちそうになり別れると、弥平が自分を尾行していることに気づく。尾行をまいて、逆に後をつけてみると、弥平は小さな骨董屋の主だと分かる。

 夕方、偶然を装い、声をかけてみると、弥平は平八郎に頼みたいことがあると言い出す。実は弥平は「隙間風の弥平」と呼ばれる盗人だった。弥平は、押し込み先で容赦なく殺しを働く同業の盗賊「不動の政五郎」一味が許せず、彼らの仕事を阻止して、お上に捕まえさせるつもりだという。平八郎は、助っ人として弥平と行動を共にする。(表題作)

 神道無念流の達人・平八郎の腕が冴える時代人情シリーズ最新刊。(祥伝社 650円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  2. 2

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  3. 3

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

  4. 4

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  5. 5

    武蔵小杉は浸水…著名人が住む“元祖”セレブエリアは安全か

  6. 6

    もはや“国民的上司” 天海祐希も昔は「生意気」だった?

  7. 7

    DeNA筒香が大打撃…侍メンバー漏れでメジャー挑戦に暗雲

  8. 8

    CS出場なのに…阪神“蚊帳の外”侍Jに選出ゼロという悲哀

  9. 9

    被災地尻目に自衛隊を中東派遣「防災より防衛」のアベコベ

  10. 10

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る