「隙間風 素浪人稼業」藤井邦夫著

公開日: 更新日:

 寝坊して日雇い仕事にあぶれた平八郎は、往来で浪人ともめていた老人・弥平を助ける。謝礼代わりに朝飯をごちそうになり別れると、弥平が自分を尾行していることに気づく。尾行をまいて、逆に後をつけてみると、弥平は小さな骨董屋の主だと分かる。

 夕方、偶然を装い、声をかけてみると、弥平は平八郎に頼みたいことがあると言い出す。実は弥平は「隙間風の弥平」と呼ばれる盗人だった。弥平は、押し込み先で容赦なく殺しを働く同業の盗賊「不動の政五郎」一味が許せず、彼らの仕事を阻止して、お上に捕まえさせるつもりだという。平八郎は、助っ人として弥平と行動を共にする。(表題作)

 神道無念流の達人・平八郎の腕が冴える時代人情シリーズ最新刊。(祥伝社 650円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  4. 4

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  7. 7

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  8. 8

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  9. 9

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  10. 10

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

もっと見る

人気キーワード